引越のときに発生する廃棄物の処理について (ご注意)


1.引越廃棄物(廃家電以外)の取扱いについて

 引越のとき発生する大量のダンボールや不要となった家具等は、一般廃棄物(引越廃棄物)に該当し家庭用ゴミとして出すことは出来ません。

 ※ 処理の方法


 ※ 家庭の事情から、やむを得ず許可を持たない引越事業者に委託するとき。

 @とAが書面で委任(別紙−委任状)されていれば、引越事業者は運搬(所定の場所まで)することができます。


2.廃家電4品目の取扱について

  消費者の方は、引越の時に廃家電4品目(エアコン、テレビ(ブラウン官式、液晶式、プラズマ式)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)を処分されるとき、次の事に注意をしてください。
 廃家電を引取り指定引取場所まで運搬できるのは、家電小売店、産業廃棄物収集運搬許可事業者、自治体(引き取るか否かは、当該自治体に照会ください)です。
 引越のとき、廃家電の処分を引越事業者に依頼しようとするときは、事業者が産業廃棄物収集運搬許可を持っているか確認してください。
× 引取ができません  産業廃棄物収集運搬業の許可を得ていない引越事業者
* 家電小売業者もしくは自治体に引取を依頼してください。
○ 引取ができます @産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている引越事業者
A家電製品の販売ができる引越事業者(家電小売業者に該当します)


3.パソコンの処分について 

 パソコン等を廃棄するときは、メーカーに依頼(インターネットで確認)してください。



委任状はこちらからダウンロード出来ます。(PDF 10KB)


もどる

 


(C) Hyogo Track Association, 2000-, All Rights Reserved.