一般社団法人 兵庫県トラック協会
トラック協会とはサイトマップお問合せ

会員の皆様へ


総合物流対策


 高品質な輸送サービスの提供を図るため、物流の効率化、物流システムの情報化等次の次項について推進しています。

(1) 物流効率化対策

 物流諸経費の高騰や企業間競争の激化など厳しい経営環境下、高度化・多様化に対応した良質な物流サービスを提供するとともに規制緩和の必要な見直しについても取り組んでいます。
  • ア トラック産業の将来ビジョンの中間整理を踏まえた規制緩和の評価と必要な見直し及び普通免許の運転範囲拡大等、全日本トラック協会と連携した関係機関等への要請しています。
  • イ 車両の円滑な運行と物流コストの軽減を図るため、高速道路の営業車の通行料金引き下げ、各種割引制度の拡充について、関係機関や自由民主党、民主党、公明党の各党に対する要望活動を行っています。(後掲 9.税制対策(1)の項参照)
  • ウ 荷主からの高度化・多様化する物流ニーズに対応した良質なサービスの提供のためのシステムKITの効率的活用に努めています。(後掲 8.経営改善対策(3)の項参照)
  • エ セミナーの開催、講演会への参加
  • (ア) トラック運送事業者生産性向上セミナー
  •   ・開催日、場所 平成26年2月4日 兵庫県トラック総合会館
  •   ・講演
  •    「トラック運送事業とIT」 
  •    「最新のIT導入事例について」
  • (イ) 物流講演会
  •   ・開催日、場所 平成26年2月7日 エル・おおさか(大阪市)
  •   ・講演
  •    「国際物流とコールドチェーン−アジアに拡大するコールドチェーン−」
  •    「ASEAN・メコン地域の最新物流・流通事情」
  •    「鴻池運輸の海外戦略−メコン・ベンガル地域での物流展開−」
  • オ 会議の開催、参加等
  • (ア) 国土交通省関係
  •   ・近畿地区物流政策懇談会、幹事会(11月)
  •   ・近畿地区物流政策懇談会(12月)
  • (イ) 全日本トラック協会関係
  •   ・経営改善・情報化委員会(7月、3月)
  • (ウ) 兵庫県トラック協会関係
  •   ・物流政策委員会(7月、2月)

(2) 情報化対策

 経営の効率化やIT化について、国や全ト協と連携し、効率的な経営を行うためのシステムを推進しています。